8050問題支援法






 「8050問題」は社会問題と言われるようになって久しいですが、改善されるど
ころか、年々深刻さを増しています。この問題を解決するための方法論も随分
議論されていますが、多種多様な状況に一般化できず、行政としても制度的な
決定打を出せていないのが実情です。



ご本人の心情 (過去にご本人より聞いたケース)
プラス思考
何とかしたいが、、、、何からしてよいか解らない
親の世話で役に立っている
マイナス思考
何も考えられない 考えたくない
今更、、、この歳からでは遅すぎる
親が死んだら自分も死ぬ
ご家族の心情(過去にご家族から聞いたケース)
プラス思考
ウチの子はやれば自立出来るはずだ
自分たちの世話で助かっている
マイナス思考
何をするにも親に気力が無い
身内の恥 親の恥
静かに生活したい、、荒立てたくない
関わりたくない 面倒はご免(他の兄弟や親せき)
親が生きている内に何とかしてくれ(他の兄弟や親せき)



多くのご家庭が孤立している
 ご両親が高齢となり、福祉職員がご家庭に入るようになったことで、初めて
「8050問題」を抱えたご家庭だと認知されるケースも珍しくありません。孤立し
ているご家庭が多く、「8050問題」を抱えているご家庭だと、周囲に知られること
なく、現在に至っている場合もあります。仮に知っていたとしても、現実的に他
人が介入することはとても難しい、デリケートな問題といえるのです。ご兄弟や
親戚の方だからと言って、気軽に声をかけられるご家庭ばかりではないので
す。



ご家族だけでの解決は難しい
 高齢のご両親に解決を迫っても現実的でありません。理由はどうあれ、現実
的に待ったなしの状態であることが理由です。ご両親に解決できる力があれ
ば、すでに解決できている問題と言えるからです。
 
 まずはご両親の福祉関係の職員が中心となって、家族を1単位として考えた
支援計画を進めることになります。ご本人が両親の介護に積極的な方であれ
ば、ご本人も福祉資源として活躍の場が有るでしょう。それを機に、新しい活動
の場の提案も可能となるわけです。逆に両親の福祉職員に対して関りを拒否さ
れている場合は、別の支援策を考えていかなければならないでしょう。



ご兄弟や親戚の援助も必要
 「8050問題」は福祉職員だけで解決できる問題ではありません。ご本人はもち
ろん、ご両親やご兄弟、ご親戚の協力が必須です。

 お金の援助をしてくださいと言うことではありません。ご高齢のご両親に代わ
って、意思表明が必要だったり、ご本人との橋渡しなど、ご協力いただきたいこ
とは沢山あるのです。「面倒はご免」とご協力いただけないケースも散見されま
すが、出来る範囲でのご協力をお願いしたいのです。



まずは公的機関へ電話で相談をお願いします



民間機関を活用できる場合もあります



その時は当会へご相談をお待ちしています

 第三者的立場での提案をいたします



ご本人の希望する生活を一緒に歩いていきます



戻る
戻る